高脂血症も他の症状も検査が必要|ホスピタルに任せなさい!

先生

目の疲れを緩和する

薬

眼精疲労は疲れ目が悪化した状態であり、約4人に1人は眼精疲労と言う報告がされています。眼精疲労は同じ場所に居たり、見たりすることで目の筋肉が緊張した状態になり疲れが出ることを言います。疲れが溜まることで充血やかすみなどの症状が出て、さらに目がショボショボして開けにくくなるのです。眼精疲労になる原因は人によっても異なりますが、長時間のデスクワークやスマホを使用する時間が長いのは大きな原因となります。毎日の積み重ねで症状が悪化してしまうので、目の疲れを感じたら外を眺めたり睡眠をたっぷり取って目を休めると良いでしょう。仕事の場合は休憩をこまめに挟み、目も一緒に休ませるのがベストです。逆に放置してしまうと悪化して、ストレスや肩こり、頭痛なんどの様々な症状を引き起こします。

眼精疲労の症状は人によって異なり、目の痙攣や充血、吐き気や頭痛など様々です。目だけでなく体にも症状が出るので、早めに改善する必要があります。また放置してしまうと悪化してしまい、緑内障や白内障が隠れている恐れもあるのです。なので目に症状が現れた場合は、早めに眼科を受診すると良いでしょう。症状が慢性化してしまうと改善にも多くの時間がかかるので、慢性化する前に対処す必要があります。また日頃の生活にも工夫すると、症状を緩和することが出来ます。眼精疲労には、ビタミンA・B・CやDHA、ルテインなどの成分が良いとされており、肉や魚、野菜や果物などの多く含まれています。また発酵食品や乳製品からも摂れるので、1日3食の食事は食材をバランス良く取り入れることで予防出来ます。